2012年05月26日

サワコ流「インタビュー力」

私はかつて、会社で社内報を担当していた時期がありました。
広報にインタビューは付きモノ。
自分の会社の社員だけでなく、お客様先へインタビューに行く事もあったのです。

「へえ〜、そうなんですか!」と話を聞くうちに、お取引先の社長さんがどんどんノッてきて、戦争体験の話なども含め、3時間近く熱く語ってくれた事もありました。
逆に、私が「そのお客様にしか聞けない話」ではなく、業界に関する一般的な質問をしてしまい、「それはわざわざ私に聞く質問ではないよ」と諭(さと)された事もあります。
「インタビューは生き物」だと、つくづく思いました。

さて、今回ご紹介するのは、「週刊文春」で長年にわたってインタビュー記事(=対談)を掲載している阿川佐和子サンが「話している相手に喜ばれるインタビューの秘密」について明かした一冊。



こんにちは、やっさんです。
また遊びに来てくれてありがとう。
ランキングへの「プチッ」もありがとう。
あなたの「プチッ」が本当に励みになっています。



「聞く力」(著者/阿川佐和子 発行/文春新書)



「アガワさんと話すと、つい喋りすぎちゃう」
本書の宣伝にも使われている、ビートたけしの言葉です。
たけしのように(実は)照れ屋にそう言わせる阿川サンは、やはり「しゃべらせ上手」な人なのでしょう。
「週刊文春」の「阿川佐和子のこの人に会いたい」は連載900回を超えているそうですが、ダテに続いているわけではないのですね。

「心をひらく35のヒント」というサブタイトルがついているように、本書は「相手にイイ気分で喋ってもらうためのノウハウ」が書かれた指南書です。
学者さんの小賢しい理論ではなく、もともとはインタビューの素人だった阿川サンの経験に基づいているところがイイ。
「質問の柱は三本」
「あれっ? と思ったことを聞く」
「段取りを完全に決めない」
「上っ面な受け答えをしない」
「お決まりの話にならないように」
「なぐさめの言葉は二秒後に」
などは、インタビュー経験者からすると、至言です。

この本、「聞き方」の指南書であると同時に、長年にわたる対談の裏話集でもあります。
浜口京子、笑福亭鶴瓶、デーモン閣下、そしてモーガン・フリーマン、ジュリー・アンドリュースあたりへのインタビューの裏話がそれぞれに人柄が出ていて面白かったかな。
阿川サンたら、デーモン閣下に「ヘヴィメタって、なんですか」って聞いちゃうし、
ジュリー・アンドリュースの前で、彼女が映画で歌った曲を何曲も歌っちゃうし…。


暗中模索でインタビュアーの道を歩んできた阿川佐和子が語る、「人に気持ちよくしゃべってもらうための秘訣」。
インタビュアーでなくても、万人に役立つ「会話」のテクニックが満載。

おススメです。

ブログランキングに登録しています。もし、「少しでも面白かった」と思ったらプチッと5秒だけご協力をお願いします。下をクリックしていただき、ブログランキングのページにつながれば、それでこのブログに一票を入れていただいた事になります。
ここをクリックしてください→にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


読んでみたくなったあなたはこちら↓




聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

新品価格
¥840から
(2012/5/26 08:15時点)




会社にお土産で買っていったら「美味い美味い」と大ブレイク。ピーカンナッツ(クルミの一種)とチョコレートがベストマッチ。「こんなの食べた事ない」という美味しさです。やっさんの超おススメ↓





11月29日(火)の朝8:15〜9:54、NHK放送「あさイチ」スゴ技Qコーナー
(60分間)でSP速読学院が紹介されました!
SP速読学院 池袋サンシャイン60 無料体験レッスンで2倍速。8倍速CDプレゼント


☆ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ☆
 ┏━┫ ■ □ ■ S P 速 読 学 院 ■ □ ■ ┣━┓
 ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
 ┗━━┛ ☆ 無料体験で 読書速度 が2倍に! ☆ ┗━━┛
───────────────────────────────
   ● 一般書、英語、資格、国語、記憶の5コース
   ● 8倍速速読トレーニングCD-ROMプレゼント!
   ● 米国の大学で採用されている科学的速読法
───────────────────────────────
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I8XGT+8GTYIA+16W6+67Z9V
───────────────────────────────




本の読み過ぎで肩が凝る、首が凝るというあなたに↓
六角脳枕



別の本を買いたい。本を売りたいあなたはこちら↓



posted by やっさん at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

「間違った努力」から脱出する方法

あなたは、毎日、満員電車に乗ってヘトヘトになって通勤していませんか?
あなたは、すでに資格を持っているのに、それを仕事に活かす前に次の資格を取ろうとしていませんか?
あなたは、ビジネス書を次々に購入し、最後まで熟読しますが、それをアウトプットにつなげないままにしていませんか?
あなたは、ノートをきれいにとる事に一生懸命になっていませんか?
あなたは、「仕事(営業)は根性だ」と思ってやみくもに数をこなしていませんか?

1つでも当てはまったあなた。
あなたは、「間違った努力をしている人」です。

今回、ご紹介するのは、「仕事に本当に役立つ事だけに集中」し、「間違った努力からの脱出」を図るためのコツや着眼点が書かれた「仕事のアンチョコ」。



こんにちは、やっさんです。
また遊びに来てくれてありがとう。
ランキングへの「プチッ」もありがとう。
あなたの「プチッ」が本当に励みになっています。



「できる人は満員電車に乗らない」(著者/松尾昭仁 発行/KKベストセラーズ)



いろいろと頑張っているのに成果があがらない人っていますよね。
そういう人は、本書で言う「間違った努力」をしてしまっているかもしれません。

例えば「資格を取るための勉強」。
著者は「実社会では勉強そのものにはまったく価値はない。仕事で使わず、しかもアウトプットもしない勉強は<現実逃避>でしかない。大人は勉強に逃げてはいけない」と手厳しい。
通勤時間や夜に一生懸命勉強して取得した資格も、使わなければ腐るだけ。
すべてはムダな努力というわけですね。

著者は、効率的に結果を出すための考え方として「結果=選択×集中×時間」という公式を提唱しています。
これは、「結果」を出すためには、本当にやるべき事を正しく「選択」し、それ一点に集中して、あきらめずに時間をかけて取り組むべきであるという意味です。

さらに、効率よく時間を使うためには、自分で苦労するだけでなく、「FTTP」(複合的に徹底的にパクる)のがよいとし、仕事を人に任せる勇気と度量を持つべきであるとも訴えています。

<少し視点をずらし努力のベクトルを変えれば、誰でも、今からでも「幸せなできる人」の仲間入りができます。>と著者。

頑張っているのに結果につながらない人、
なぜか周りから「頑張っている」という評価をもらえない人、
無意味な時間やムダなお金を使ってしまう人、

おススメです。

ブログランキングに登録しています。もし、「少しでも面白かった」と思ったらプチッと5秒だけご協力をお願いします。下をクリックしていただき、ブログランキングのページにつながれば、それでこのブログに一票を入れていただいた事になります。
ここをクリックしてください→にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


読んでみたくなったあなたはこちら↓




できる人は満員電車に乗らない

新品価格
¥1,365から
(2012/5/20 22:41時点)




会社にお土産で買っていったら「美味い美味い」と大ブレイク。ピーカンナッツ(クルミの一種)とチョコレートがベストマッチ。「こんなの食べた事ない」という美味しさです。やっさんの超おススメ↓





11月29日(火)の朝8:15〜9:54、NHK放送「あさイチ」スゴ技Qコーナー
(60分間)でSP速読学院が紹介されました!
SP速読学院 池袋サンシャイン60 無料体験レッスンで2倍速。8倍速CDプレゼント


☆ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ☆
 ┏━┫ ■ □ ■ S P 速 読 学 院 ■ □ ■ ┣━┓
 ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
 ┗━━┛ ☆ 無料体験で 読書速度 が2倍に! ☆ ┗━━┛
───────────────────────────────
   ● 一般書、英語、資格、国語、記憶の5コース
   ● 8倍速速読トレーニングCD-ROMプレゼント!
   ● 米国の大学で採用されている科学的速読法
───────────────────────────────
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I8XGT+8GTYIA+16W6+67Z9V
───────────────────────────────




本の読み過ぎで肩が凝る、首が凝るというあなたに↓
六角脳枕



別の本を買いたい。本を売りたいあなたはこちら↓



posted by やっさん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

テレビ界の愉快で哀しい人々

ゴールデンタイムのテレビ。
チャンネルを回せばどこかで必ずバラエティー番組をやっています。
その内容は、あえて言えば「くだらない」の一言。
でも、その「くだらないモノ」を、真剣に命がけで作っている人たちがテレビマンたちです。

例えば、
タレントが過激な罰ゲームを受ける映像(え)を撮るためには、その前段階で、AD(アシスタント・ディレクター)で人体実験をして安全確認をしています。
つまり、ADがやっている段階では安全なんか保障されていない。
本当に「くだらないモノを命がけ」で作っているわけです。

今回、ご紹介するのは、バラエティー番組の超売れっ子作家が、お笑い番組制作に携わる、愉快で哀しい人たちにスポットを当てた、一見エッセイ風のビジネス書。



こんにちは、やっさんです。
また遊びに来てくれてありがとう。
ランキングへの「プチッ」もありがとう。
あなたの「プチッ」が本当に励みになっています。



「テレビのなみだ」(著者/鈴木おさむ 発行/朝日新聞出版)



著者の鈴木おさむの名を見て、「ああ、森三中の大島美幸のダンナね」と思ったあなた。「テレビ好き」ですね〜。
そう、「笑っていいとも!」や「SMAP×SMAP(スマスマ)」など、人気番組の放送作家であるあの鈴木おさむです。
彼が雑誌「AERA(アエラ)」に連載していた記事に加筆、再構成してまとめたのが本書なのです。

サブタイトルに、「仕事に悩めるあなたへの77話」とあるように、本書はビジネス書という位置づけ。
「生き馬の目を抜く」テレビ業界で、作家としてやってきた彼が実感している事(ポリシーなど)をはじめ、番組の裏話、敏腕プロデューサーやダメダメADのエピソードなどが、「仕事とは」という視点で描かれています。

これが、とにかく面白い。
彼の仕事に対する考え方や取り組み方は、スジが通っていて、「やはり長年一線でやってきた人は違う」と思わせてくれます。
そして、ADたちの悲劇や、芸人たちのプロならではのエピソードは、笑えて、泣ける。
サブタイトルに偽りなし。
ちゃんと、優れた「ビジネス書」になっている。

表題になっている「テレビのなみだ」は、この本のための書き下ろし。
25ページにわたって、彼が尊敬するプロデューサーの「ある生きざま」をつづっています。
「編集部全員が泣いた」というこの話は、「仕事に携わるすべての人たち」への強烈なメッセージであると同時に、著者が若き日に犯してしまった過ちに対する懺悔(ざんげ)の言葉です。
泣きながら書いているのが伝わってくる…とそんな文章
「ああ、この話を書きたくて本にしたのか…」とさえ思えて、この部分を読むだけでも価値があります。


涙を隠して、体を張って、テレビで「笑い」を届け続ける人たちの息吹が伝わってくる、「笑って泣けるビジネス書」。

おススメです。

ブログランキングに登録しています。もし、「少しでも面白かった」と思ったらプチッと5秒だけご協力をお願いします。下をクリックしていただき、ブログランキングのページにつながれば、それでこのブログに一票を入れていただいた事になります。
ここをクリックしてください→にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


読んでみたくなったあなたはこちら↓




テレビのなみだ 仕事に悩めるあなたへの77話

新品価格
¥1,260から
(2012/5/12 08:45時点)




会社にお土産で買っていったら「美味い美味い」と大ブレイク。ピーカンナッツ(クルミの一種)とチョコレートがベストマッチ。「こんなの食べた事ない」という美味しさです。やっさんの超おススメ↓





11月29日(火)の朝8:15〜9:54、NHK放送「あさイチ」スゴ技Qコーナー
(60分間)でSP速読学院が紹介されました!
SP速読学院 池袋サンシャイン60 無料体験レッスンで2倍速。8倍速CDプレゼント


☆ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ☆
 ┏━┫ ■ □ ■ S P 速 読 学 院 ■ □ ■ ┣━┓
 ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
 ┗━━┛ ☆ 無料体験で 読書速度 が2倍に! ☆ ┗━━┛
───────────────────────────────
   ● 一般書、英語、資格、国語、記憶の5コース
   ● 8倍速速読トレーニングCD-ROMプレゼント!
   ● 米国の大学で採用されている科学的速読法
───────────────────────────────
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I8XGT+8GTYIA+16W6+67Z9V
───────────────────────────────




本の読み過ぎで肩が凝る、首が凝るというあなたに↓
六角脳枕



別の本を買いたい。本を売りたいあなたはこちら↓



posted by やっさん at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

「制約レスな生活」のススメ

私の毎朝の起床時間は5時20分。
6時には電車に乗り、会社がある赤坂見附に到着するのは7時前。
約2時間を喫茶店で過ごしてから会社に出勤しています。
通勤時間をこんなに早くしている最大の理由は、大嫌いな「満員電車」から逃げ出すためです。
おかげで電車の中でゆっくり本が読めますし、時には座って行く事もできています。

私と同じ会社員は、この「満員電車」をはじめ、いくつもの「制約」に縛られているのが普通です。
例えば、「決められた時間までに会社に行かなければならない」「私服で仕事をしてはいけない」などなど…。
でも、もし、この「制約」に縛られない生活を送る事ができたら…。

今回ご紹介するのは、1年の約半分をハワイで過ごし、ラフな服装で仕事をこなすという生活を実現している「羨ましい男」が書いた、「制約レス生活のススメ」。



こんにちは、やっさんです。
また遊びに来てくれてありがとう。
ランキングへの「プチッ」もありがとう。
あなたの「プチッ」が本当に励みになっています。



「7つの制約にしばられない生き方」(著者/本田直之 発行/大和書房)



著者は、世の中の「価値観」が変化している事を指摘した上で、こう語ります。
<この本では、新しい価値観の時代の、新しいライフスタイルを提案したいと思います。>
<わたしたちは「常識」という名の「他人が都合よく作ったルール」に支配されています。>
<制約にしばられずに生きることのメリットは? それを実現するための考え方は? 必要なスキルは? やり方は? 等々、わたしが20代のころからいろいろ実際に試して、ほんとうに役立ったことだけをお伝えしていこうと思います。>

何しろ著者は、社会人になって最初の新入社員挨拶の時に、「電車に乗らない人生を送れるようになりたい」と宣言して顰蹙(ひんしゅく)を買ったツワモノ。
しかし、ただ宣言するだけでなく、「どうやったら電車に乗らない人生を送る事ができるか」を考え、結局はそれを実現してしまったというところが、著者の著者たる所以(ゆえん)です。

この本のタイトルにもなっている、著者が考える「わたしたちを縛っている7つの制約」とは、「時間」「場所」「人」「お金」「働き方」「服装」「思考」という7つ。
本書で提案しているのは、この7つの「制約」から自由になる生き方なのです。

もちろん、著者のように、年の半分をハワイで暮らす事など、一般ビジネスマンには夢のような話ですが、「本気で実現したい」と考えれば、かなり近いところまでは実現できます(と、この本を読むと思えます)。

「7つの制約」から自由になるために「必要なスキル」として著者が挙げているのは以下の通り。
「タイムマネジメント力」
「検索力」
「営業力・パーソナルブランド力」
「右肩下がりのプランを立てる」
「素直力」
「モバイルIT力」
「お金の知識」
「自分で仕事をつくっていける力」
「流される力=ドリフト力」
「自分を知る」
「メンタル力」
「セルフモチベーション力」
「多読力」
「人間力」
「英語力=グローバルなコミュニケーション能力」
「セルフマネジメント力」
「コミュニケーション力・文章力・表現力」
「カラダマネジメント力」
「工夫の仕方」

あなたはこのうち、いくつを持っていますか?
ちなみに私は、数えてみたら7つしか持っていませんでした…。


「制約に縛られない生活」にあこがれるあなた、その生活に1歩でも2歩でも近づくための必読書。

おススメです。

ブログランキングに登録しています。もし、「少しでも面白かった」と思ったらプチッと5秒だけご協力をお願いします。下をクリックしていただき、ブログランキングのページにつながれば、それでこのブログに一票を入れていただいた事になります。
ここをクリックしてください→にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村


読んでみたくなったあなたはこちら↓




7つの制約にしばられない生き方

新品価格
¥1,260から
(2012/5/3 09:12時点)




会社にお土産で買っていったら「美味い美味い」と大ブレイク。ピーカンナッツ(クルミの一種)とチョコレートがベストマッチ。「こんなの食べた事ない」という美味しさです。やっさんの超おススメ↓





11月29日(火)の朝8:15〜9:54、NHK放送「あさイチ」スゴ技Qコーナー
(60分間)でSP速読学院が紹介されました!
SP速読学院 池袋サンシャイン60 無料体験レッスンで2倍速。8倍速CDプレゼント


☆ ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ ☆
 ┏━┫ ■ □ ■ S P 速 読 学 院 ■ □ ■ ┣━┓
 ┃ ┗┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┛ ┃
 ┗━━┛ ☆ 無料体験で 読書速度 が2倍に! ☆ ┗━━┛
───────────────────────────────
   ● 一般書、英語、資格、国語、記憶の5コース
   ● 8倍速速読トレーニングCD-ROMプレゼント!
   ● 米国の大学で採用されている科学的速読法
───────────────────────────────
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1I8XGT+8GTYIA+16W6+67Z9V
───────────────────────────────




本の読み過ぎで肩が凝る、首が凝るというあなたに↓
六角脳枕



別の本を買いたい。本を売りたいあなたはこちら↓



posted by やっさん at 09:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。